« あづちゃんだけど桑原 | トップページ | ユフィだけど外川 »

2017年4月 8日 (土)

ぺぺさんとツヨポン

くも膜下出血(SAH)とは90%弱が「脳動脈りゅう」と呼ばれる血管が変形してできた不必要なコブが破れてしまうことでなる命にかかわる深刻な病気だということを多くの人が知っています。
気分障害の一種であるうつ病は脳内の神経伝達物質のセロトニンが不足することにより、強い憂うつ感、不眠なかなか抜けない倦怠感、食欲低下、体重減少焦燥感、極端な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症の場合自殺企図等の深刻な症状が見られます。
必要な栄養素を網羅した食生活や運動はもちろんのこと、心身の健康や美容を目的として、目当ての栄養を補うために様々なサプリメントを利用する事がまったくおかしくなくなってきていると言われています。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番症例の多い中耳炎で幼い子供に起こりやすい病気です。耐え難い耳の痛みや38度以上の発熱、赤い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)などたくさんの症状が出現するのです。
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、現在までの研究の成果から、ワクチンの効果を望めるのは、注射した2週間後から5カ月間くらいということが判明しました。
トコトリエノールの機能は酸化を遅らせる効果が一段と有名ではありますが、加えて肌をきれいにする作用や、血清コレステロールの産生を抑えることが認められています。
日光に当たると生成されるビタミンDは、カルシウムが人体に吸収されるのを助けるという特徴が特に認知されており、血液の中のカルシウム濃度を操作し、筋肉の動き方を適切に調節したり、骨を作り出してくれます。
【延岡市でバイク買取り】高く売却処分したいなら必見!
暗い場所では光量不足のためものが見えづらくなりますが、より瞳孔が開くため、レンズのピントを合わせるのに不必要なエネルギーが消費されてしまい、日の差す所で物を見るよりも疲労がおおきくなります。
食事中は、食べようと思った物をなんとなく口へ入れて20回前後咀嚼して嚥下して終わりだが、その後も身体は実によく動き続けて異物を体に取り入れるように努めているのだ。
下腹の強い痛みを引き起こす病には、虫垂炎と混同しやすい大腸憩室症、5mm~10mm大の石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、夜間でもすぐ救急にかかった方が良い急性腹膜炎、女性特有の病気などが真っ先に挙がります。
腹部の右上にある肝臓に中性脂肪(中性脂質)や食物由来コレステロールが多く付着した脂肪肝という病気は、肝硬変を筆頭にいろいろな健康障害の合併症を招く恐れがあることをご存知でしょうか。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者にしか聞こえないという「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者と他の人にも品質の高いマイクロホンなどを使用すると聞けると言われる「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。
薬、アルコール、合成乳化剤を始めとした食品添加物等を酵素で分解して無毒化する働きのことを解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓が担っている大切な役目のひとつだと言えるでしょう。
ただの捻挫だろうと自己判断してしまい、湿布を貼って包帯やテーピングなどで動かないように患部を固定し、様子を見るのではなく、応急処置を施してからすぐ整形外科の医師に診察してもらうことが、早く根治させる近道だといえます。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなど3種類の値によって診れますが、ここ最近では肝機能が減衰している国民の数が増加傾向にあるということが判明しています。

« あづちゃんだけど桑原 | トップページ | ユフィだけど外川 »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2392029/70193028

この記事へのトラックバック一覧です: ぺぺさんとツヨポン:

« あづちゃんだけど桑原 | トップページ | ユフィだけど外川 »

無料ブログはココログ